脳のアンチエージング、アラキドン酸(ARA)、ビタミンF

最近著名な脳科学者の脱税がニュースになっているが、頭を良くしたいと言うのは人間の普通の欲望の一つだ。その脳のアンチエージングにアラキドン酸(ARA)が注目されるされている。 アラキドン酸は必須脂肪酸の一つで、γーリノレン酸とともにビタミンFと呼ばれる。英語名からARAともよばれ、記憶や学習能力など、乳幼児の脳の発育に不可欠と言われ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

食品に含まれるカロリー

食物から摂取するカロリー量は簡単には食品100g当たり、油930、木の実600、肉450、魚200、穀物170(納豆含む)、野菜・果物30程度で考えればよい。 ごはんは一杯で約230キロカロリーとなる。 一日に必要なカロリーは男性、適正体重(63.58kg)の場合、18から29歳で1590キロカロリー、50歳以上の場合は1367…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動によるカロリー消費量

50代の基礎代謝量の減少量はご飯一杯、ウォーキング一時間に相当する。 一日に必要なカロリーは男性、適正体重(63.58kg)の場合、18から29歳で1590キロカロリー、50歳以上の場合は1367キロカロリーとなる。(一日に必要なカロリー) 50代になると基礎代謝の減少で223キロカロリーが余分なカロリーと言うことになる。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日に必要なカロリー量

中高年になると基礎代謝が落ち一日に必要なカロリー量は減少するが摂取するカロリー量は変わらないためエネルギーがあまり肥満になりやすい。 お腹周りが大きくなり二段腹、三段腹になるいわゆる中年太りになりがちだ。肥満を増え具ためには摂取カロリーを抑えるかウォーキングなどでエネルギーの消費を行う必要がある。 健康を維持するためにはまずダイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレステロールを減らす、ビタミンB5(パントテン酸)

脂質、コレステロールを減少させるパントテン酸(ビタミンB5) パントテン酸はビタミンB5ともいい、脂質を分解してエネルギーに変えるのを手助けするダイエットに必須のビタミンだ。 食べ物には三大栄養素としてタンパク質、脂質、炭水化物があるが、それに加えビタミンとミネラルを合わせ五大栄養素という。または食物繊維を加えて六大栄養素と…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

二日酔いにはナイアシン(ニコチン酸)

ニコチン酸という言葉はよく耳にするが、タバコに含まれるニコチンとは全く別のものでビタミンB3とも言い、ビタミンの一種だ。ナイアシン(ニコチン酸は)アルコールの分解、動脈硬化の予防に効果がある。 食べ物には三大栄養素としてタンパク質、脂質、炭水化物があるが、それに加えビタミンとミネラルを合わせ五大栄養素という。または食物繊維を加えて…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

葉酸(ビタミンM)

ビタミンには粘膜の形成に役立つビタミンA,疲労回復効果や貧血に効果のあるビタミンB、免疫力を高めるビタミンC、骨や歯を形成するビタミンD、抗酸化力の強いビタミンE、血液を正常に凝固させたり骨粗鬆症の予防になるビタミンKや核酸の合成、赤血球の合成そしてアミノ酸やたんぱく質の合成に欠かせないビタミンM(葉酸)やナイアシン(ニコチン酸)等があ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

伊吹野そば

伊吹山のふもとにある伊吹野そばへ蕎麦を食べにドライブ、この伊吹は日本のそばの発祥の地だそうだ。 そばはいろいろな地域で名物になっている。だけど、この伊吹のそばはやはり日本一だ。 伊吹の山からしみだしてくる水と伊吹おろしと言われる厳しい自然、そばは厳しい自然で育つ食物だ。 伊吹は又日本の薬草の故郷としても有名だ。 往復…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BMI値、肥満を解消するために

中高年になると基礎代謝が落ち一日に必要なカロリー量が減少するが摂取するカロリー量はかわらないためエネルギーがあまり肥満になりやすい。お腹周りが大きくなり二段腹、三段腹になるいわゆる中年太りになりがちだ。肥満を増え具ためには摂取カロリーを抑えるかウォーキングなどでエネルギーの消費を行う必要がある。 健康を維持するためにはまずダイエッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナトリウム、ミネラル

食塩は体にとって必須なものだ。ナトリウムは食塩(塩化ナトリウム)として摂取されており、リンと並んで日本人が摂取過多になりやすいミネラルのひとつ。体内の過剰なナトリウムを排出する働きをもつカリウムとのバランスよい摂取が必要だ。 ミネラルはミネラルはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンと合わせ五大栄養素の一つだ。又食物繊維" targ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亜鉛、ミネラル

ミネラルはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミンと合わせ五大栄養素の一つだ。又食物繊維を加え六大栄養素と呼ばれる事もある。栄養をバランスよく取る事は、ダイエット時のように食事を制限しているときは特に大切だ。 ミネラルは一般的な有機物に含まれる以外に、生体にとって欠かせない元素のことを言う。 ミネラルには亜鉛・カリウム・カルシウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザにヨーグルト

カテキンが新型インフルエンザに効果があると言う事は既にTVなどでも取り上げられている。   新たにヨーグルトのインフルエンザに対する効果もマスコミで取り上げっられ始めた。 これらの報道は北里大学での実験効果に基づいており、明治乳業のホームページに内容が発表されている。 ヨーグルトに含まれる多糖類(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛乳寒天、ミルクヨーカン

寒天は食物繊維の多い食べ物だ。食物繊維の含有量は食物の中で最も多い。食物繊維の多い食べ物としては多い順から、寒天81.3%、キクラゲ74.2%、ひじき55.0%、干しシイタケ43.4%なのだ。寒天に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維でコレステロールの減少にも効果がある。寒天を使った食材にも面白いものがあるようだ。 先週の読売TV系「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豆腐の好きなケンミン、岩手県民

先週のytv「秘密のケンミンShow」で岩手県の豆腐好きが紹介されていた。 ◇豆腐好き県民 岩手県は、年間豆腐購入量が1世帯あたり日本一。盛岡市では毎月12日を「豆腐の日」と定め、市内のほとんどの小学校の給食に豆腐メニューが出る。 豆腐、納豆いずれも大豆を原料とする健康食品だ。 豆腐は大豆からできる豆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザにカキテン

緑茶に含まれるカテキンは、ダイエットにもインフルエンザにも効果がある。 カテキンには脂肪の吸収を防ぐ、脂肪の燃焼を助ける、全身の代謝をアップさせ る働きがあり、体脂肪が減少する等、ダイエットに効果がある。 緑茶に含まれるカテキンがインフルエンザの予防に効果があるとの事だ。 カテキンの抗ウイルス作用がインフルエンザに効果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の味覚、松茸

キノコの栄養成分としては第一にダイエットに効果のある食物繊維だ。便秘予防に効果を発揮するほか、動脈硬化の予防・改善にも有効。 きのこの食物繊維に含まれる βグルカンという成分は、免疫力を高め、腫瘍の抑制に効果的がある。 カリウムも豊富に含まれており、余分なナトリウムを排出し、高血圧を予防する。 ビタミンB1、「美容のビタミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一の美女になるダイエット

「世界一の美女をつくるダイエット」が書籍やTVで見かける事がある、この場合のダイエットは瘠せると言う意味ではなく、本来の英語の意味「食べ物」という意味で使われているようだ。 体に良いものを食べているだろうか? 健康な生活をするためには白いもの(漂泊したもの)を食べてはいけない、食品がもともと持っていた茶色が良い。健康と美容には日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善玉菌にオリゴ糖

ダイエットは食事におけるカロリー摂取量の制限とエネルギー燃焼が最も大きな要素だ。 便秘の解消もダイエットには不可欠だ。乳酸菌は腸で善玉菌を増やし腸内環境を良くし、便秘に効果があるとされている。この善玉菌を増やすのにオリゴ糖が効果がある。 てんさい糖に含まれるオリゴ糖は腸内で乳酸菌のえさになるといわれている。 これはオリゴ糖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不老長寿の秘密、βグルカン

不老長寿の秘密、βグルカン。 βグルカンはアガリクス、霊芝、ハナビラ茸に多く含まれる。 キノコがダイエットや便秘に効果のある食物繊維を多く含むのはよく知られている。 特に干しシイタケやきくらげはその重量の半分以上が食物繊維というまさに食物繊維の王様だ。 日本にはいろいろなキノコがあり、季節ごとに楽しめる。マツタケは高いが秋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴは癌にさえ効果がある

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」と欧米では言われている。 りんごダイエットが喧伝されている、りんごはダイエットに効果がある。 リンゴはまず低カロリーで、りんご1個は100~150キロカロリー程度しかなく、腹いっ ぱい食べてもそのカロリーは少なく抑えられる。 りんごに含まれる果糖は、脂肪燃焼を促進させる効果があり、水溶性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more